詳細内容&お申込み

詳細内容&お申込み

専門家からの評価も高い、
「住宅ローン審査速攻承認プログラム」。

住宅ローン承認のためだけに組まれたプログラム内容は以下の通りです。


本編:300ページ
本編は、住宅ローン審査を通過するためのフルボリューム300ページです。
目で読んで、音声で聞いて、審査に際しての“知識武装”をしてください。

第1章:住宅ローンの常識
■ これだけは知っていて欲しい、住宅ローンの常識
〜住宅ローンてどんなもの?


・申込から実行までの流れ
・借入できる金額と借入期間
・給与所得者と自営業者の違い
・銀行の選び方
・住宅ローン用語集  他。

第2章:住宅ローン基礎編
■ 2-1.住宅ローン金利のこと(基礎編)

・金利ってどんなもの?
・金利の決まり方
・元利均等返済と元金均等返済
・金利の選び方
・金利が1%変わると支払利息はどう変化するのか

■ 2-2.住宅ローン諸費用について(基礎編)

・諸費用にはどんなものがあるのか?
・諸費用はいくらくらい必要なのか。
・諸費用が用意できないときの処方

■ 2-3.住宅ローン借入に必要な書類について(基礎編)

・申込に必要な書類
・書類を用意するときの注意点
・契約時に必要な書類と契約後に必要な書類
・書類記入時の注意点
・団体信用生命保険について
・その他

■ 2-4.住宅ローン審査に有利な属性について(基礎編)

・「属性」とは
・年収の考え方
・個人事業主の所得の考え方
・勤続年数と勤務形態について
・ローン以外の借入について
・銀行口座の取り扱いについて
・自己資金について

■ 2-5.その他(基礎編)

・仮審査(事前審査)と本審査の関係
・返済支援保険(もしもの時の保証について考える )

第3章:住宅ローン金利と諸費用
■ 3-1.住宅ローン金利のこと(応用編)

・住宅ローン金利の種類
 長期固定or短期固定
・金利選びのアドバイス
・短期固定でお勧めの年数について
・これからの金利の動向

■ 3-2.住宅ローン諸費用について(応用編)

・諸費用の種類とかかる金額
・諸費用が用意できないときの処方箋

■ 3-3.住宅ローン借入で必要な金額が借りられない場合

・借入限度額いっぱいまでの融資でも足りない場合
・収入合算する場合
・夫婦別々で借入する方法・収入合算すると、控除が受けられないか?
・借入希望金額から減額されてしまう場合
・その他の借入をなくす
・クレジットカードを解約する
・団体信用生命保険に加入できない場合
・団体信用生命保険の加入条件

第1章:住宅ローン申し込みと審査
■ 4-1.住宅ローン審査を有利に進める為にできること

・ローン担当者はベテランがお得?
・できる担当者の見分け方
・あなたの担当者はどうやって決まるのか
・ベテラン担当者に担当になってもらう方法
・担当者を変えてほしい時はどうしたらいいでしょうか

■ 4-2.住宅ローン審査に有利な属性について

・「属性」とは
・年収の考え方
・給与所得者と個人事業主の違い
・勤続年数について
・銀行口座の信用調査について
・自己資金について

■ 4-3.担当者に伝えるべきことと、伝えないほうが良いこと

・判断を間違えると、申込できなくなる場合があります
〜伝えなくてもいいこと(言わないほうがいい事例)
・(○○の予定、○○の履歴等々、9項目)
〜伝えるべきこと(嘘を言ってはいけない事例)
・(○○の状況、○○の履歴等々10項目)

■ 4-4.ローン以外の借入について

・安心な借入と危険な借入の違い
・借入各種6項目比較。ケーススタディ
・個人信用情報とは
・個人情報信用機関とは
・個人信用情報機関と情報開示請求方法

第1章:住宅ローン返済の方法
■ 5-1.繰り上げ返済

・繰り上げ返済
・繰り上げ返済で得する方法
・繰り上げ返済の注意点
・繰り上げ返済手数料

■ 5-2.他の金融機関での借り換え

・借り換え
・借り換えの手順
・借り換えのメリット
・借り換えのデメリット・借り換えするときの注意点
・こんな人は借り換えできない!

■ 5-3.利息金額を減らす工夫

・利息金額を減らす工夫
・金利の動向を見る
・借り換えしないで利息を下げる方法

■ 5-4.中古物件に関する注意点

・中古物件に関する注意点
〜中古物件でローンが借入できない場合
・中古物件の価格を計算する
・築年数による価格の目安(表)
・土地価格の計算方法

■ 5-5.投資目的でのマンション購入

・投資目的でのマンション購入に住宅ローンは利用できるのか?


個人情報編

言うまでもなく、審査合否の大きな鍵は、あなたの個人情報です。

個人情報をどう伝え、すでに銀行が掴める個人情報をどうするか
銀行がよりシビアになってきた昨今、さらに掘下げる必要が出てきました。

大切な個人情報について別冊としましたので、しっかりと対策してください。

借りるためには、材料をパスするものに変えていかなければいけません。

ケースによっては時間がかかる場合もありますが、
材料をパスするものを揃えない限り、審査を通過することは出来ません。

まだまだダメな状態なのに何度も申請して悪い履歴を重ねることだけは
絶対におやめ下さい。


もちろん、サポートでは、あなたの状況を踏まえて
丁寧にアドバイスさせて頂きます。

ちょっとした事が否認に結びつく時代、
チャンスは何度もありません!








<50部限定!!規定数量に達し次第、終了します>


<電話・FAXでのお申込みはこちら>

※クレジットでは2〜3回の分割払いもお選び頂けます。※




本編:300ページ
マイホーム獲得を応援する特典をお付けします。
※今現在の配布特典です。内容は変更される場合があります。

フラット35攻略マニュアル
※非売品

住宅金融支援機構のフラット35攻略に関する留意点を
まとめたレポートを差し上げます。

フラット35は申込条件や貸し出し条件の変更が頻繁にございますので、
本編とは別にマニュアルを作成いたしました。

銀行でフラットの申込をする際に、窓口でヒアリングする内容についても
内部資料を入手いたしましたので、注意点など詳しく記載しております。
(PDFファイル)

住宅ローン減税申告マニュアル
※非売品

住宅ローン減税のあらましと、申告方法についてまとめたレポートを差し上げます。

住宅ローン審査を通すばかりでなく、減税の知識を高める事で
損をせず、大きなトクをする事が出来ます。
(PDFファイル)

フラット35攻略マニュアル
※非売品

「もしも、ローンが払えなくなってしまったら、マイホームはどうなってしまうのか?」
その、“もしもの時”の対処法レポートを差し上げます。

住宅ローンはあまりにも長いスパンで支払うローンですので
その辺の知識も、あるに越した事はありません。
「払えなくなったら人生終わり」などという事は決してありません。
知識として対処法をお教え致しますのでご安心下さい。
(PDFファイル)

メールサポート
※60,000円相当(10,000円/月×6ヶ月分)⇒無料

元銀行員の中山がメールにてご相談をお受けします。
通常、1ヶ月で10,000円のサービスを、ご購入者様限定で
6ヶ月間(180日間)、何度でも“無料”にて応対させて頂きます。

住宅ローンでぶつかる疑問をメールにてご質問下さい。
中山がパートナーシップでお手伝い致します。

電話サポート
※30,000円相当(10,000円/回×3回分)⇒無料

中山本人が電話相談を直接お受けします。
通常、他業者の一般相場では、1回10,000円ほど掛かるサービスを
当プログラムでは、ご購入者様限定、6ヶ月間で3回まで“無料”
とさせて頂きます。

パソコンの無料電話(スカイプ通話)、または、
通常のお電話でもお受け致します。

※進行によっては3回を超えたサポートもさせて頂く場合もあります。

フラット35攻略マニュアル
※非売品

自分で住宅ローンを払わずに大きなマイホームを手に入れる方法です。

ここで具体的に書くと、それを銀行に持ちかける人が増える可能性も
あるのであまり書けませんが、一般的に困難が予想されそうなイメージもあり、
このスタイルは普及していません。

しかし、皆さんやっていないだけで、実際にはそれほど難しくない方法です。

大きな家を手に入れたいけど予算不足という人も
選択肢の一つとして知っておいて欲しい方法です。

「収益型住宅」という部類のものです。

フラット35攻略マニュアル
※非売品

本編の部分を中山恵理子が読み上げ、音声ファイルでお届けします!

マニュアルを文字だけでなく音声でも学ぶことが可能になります。

通勤の電車の中や、移動中の車の中でも、
あるいは家事をしながらでも、お手持ちの再生プレーヤーでどうぞ。

(ファイルはMP3です。パソコンから、お手持ちの再生プレーヤーに
落してお聞きください。)

改訂版無料進呈
※追加料金不要

状況により、マニュアルは改訂される可能性があります。

ご購入後に、マニュアルの改訂があった場合には、
その都度、最新版を差し上げます。 追加料金は頂きません。

最新の状況にマッチしたマニュアルをお読み下さい。


改訂版無料進呈


「住宅ローン審査速攻承認プログラム」は、進化型プログラムです。

上記以外の部分も適時、時代の変化に応じて、改編、対応しています。

この機会に是非お手元に置いて
人生最大の夢の実現にお役立て下さい。